やがてきれいな太陽が遠くの水平線から顔を出してきた。

「ホントに君の言うとおりね。久しぶりにこんなきれいな初日の出が見られたよ。拝んでおかないと」

「ホントきれいですね。オジさんセンス良い」

神々しい朝日を体一杯に浴びた後、近くの神社で元朝参りをした。二礼二拍手一礼し拝んだ後、皆でおみくじを引いた。

「大吉だあ。良いことあるかも。翔ちゃんは?」

「中吉」

「オジさんは末吉だ。でも、結婚・恋愛運は良いみたい」

「私たちの未来は果たして……かな? この後は?」

「ご飯食べてから解散。駅まで送っていくから」

「昨日メールで言ってた布石?」

「そ」

「分かった。楽しみにしてる」

「じゃ、ファミレスへ行こう」

「OK」

ファミレスで朝食を食べ、二人を駅まで送り、近くのカフェで時間を潰した後、ゲーセンに向かった。着いてから竜治くんに電話した。

「着いたよ」

「俺も準備OK。じゃあエントリー方法教えるね」

竜治くんの指示の下、エントリーを済ませ臨戦態勢に入った。

「こっちはいつでもいいよ」

「あと三分後にスタートね」

一旦電話を切り、開始のカウントダウン……三、二、一……。

(三十分後)

俺の敗北。こてんぱんにやられた。オンラインで竜治くんがコメント。

『まだまだだねえ。ホントにビギナー』

『分かってるよそんなこと。それよりアドバイスを』

『分かった。まずはね……』

(……)

『なるほど。閃きも重要なんだ』

『そうだよ。分かった?』

『よし。第二戦しようぜ』

『了解』

(四十分後)

『How Toは分かってきたみたいだね』

『少しコツが掴めた気がする。もっと教えて』

『了解。では……』

(……)

『なるほど』

『じゃあ、第三戦目いくよお。Are You Ready?』

※本記事は、2021年10月刊行の書籍『ライオンと鐘鳴らす魔道師』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。