バタバタと足音がし、戸が勢いよく開く。

「生徒会役員会計に就任いたしました! 土居健志郎(どいけんしろう)です!」

どこか訛(なまり)のあるでかい声と共にずかずかと入ってきたのは、坊主頭が印象的な男だった。

「お! バク宙の子!」 

稲葉前会計担当がパシンと手を叩いて指さす。

思い出した。演説冒頭でいきなりバク宙を披露したかと思えば、やたら笑いを取っていた。こんなやつに優哉は負けたのか。

「土居くん、よろしく。会計監査、二年C組の中川です」

優哉が土居に手を差し出す。

「あんた、めっちゃ賢そうやな。頼りにしてんでぇ」

土居はがしがしと優哉と握手を交わした。 なんで上から目線なんだ。なんで優哉もにこにこ余裕かましているんだ。悔しくないのかよ。

態度も図々しい。生徒会でなければこんなやつ、絶対関わりたくない!

イライラする俺の横を、前会計監査の宮内(みやうち)先輩が、おさげ髪を揺らして通った。あ、シャンプーのいいにおい。 

宮内先輩は戸口の陰から誰かを引き寄せた。

「うれしい! 吹奏楽部の後輩から役員が出てくれて!」

宮内先輩の頭一つよりもっと高いところから、顔が覗いた。でかいっ!

候補者の中で一番背が高くて、目立っていたやつ。笑顔が爽やかで、演説もおもしろかったな。

ジョークじゃなくて、インタレスティングなおもしろさ。偉人の名言なんか挟んだりして。この当選は納得。

「一年A組、岩崎(いわさき)(だい)()です。よろしくお願いします」 はきはきした声がよく響く。なんだ、まともなのもいるじゃないか。部活も宮内先輩の後輩みたいだし、きっと悪いやつじゃないだろう。 

※本記事は、2021年11月刊行の書籍『松岡葵の生徒会日記』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。