「宇垣の他には、適当な人材はいないのですか?」

「一九三一年の時点では、該当者はないようですね。傑出した政治能力の持ち主だった政友会の原敬(はらたかし)は、十年前の一九二一年に暗殺されています」

「わかりました。だが、彼の経歴を聞いて気になる点があります」

ボースが言う。

「と言いますと?」

「汪先生はさきほど、彼が軍事クーデターを計画したとおっしゃいましたな」

「いわゆる三月事件ですが、しかし、これは直前になって宇垣の心変わりで未遂に終わっています」

「事件そのものが闇から闇に葬られたのですか?」

「いや、計画の内容は外部にも漏れ出して、ほとんど半ば公然の状態だったようです」

「だがこの件で、宇垣は訴追され処分されることはなかった」

「そうです」

「それはおかしい。いやしくも陸軍の代表者である陸軍大臣が政権を奪おうとしてクーデターを企てたのでしょう。当然、国家への叛逆の罪で、厳しく処分されるべきです」

「しかし、そうはなりませんでした。そのあとの十月事件も陸軍部内で発生したクーデター計画でしたが、これも未遂で、関係者の処分はやはりうやむやで終わっています」

汪が答えると、ボースは声を強めて言った。

「法治国家としては、それはあり得ない。司法部門は一体何をしていたのですか?」

ボースの発言に対して、汪も大きくうなずいた。

※本記事は、2022年1月刊行の書籍『救国の独裁者』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。