お店の中に入ると、すでに待ち合わせている二人連れが出迎えてくれた。

「美貴~。元気?」

進藤厚子だ。一緒に座っているのは旦那だろうか。

「厚子も相変わらず元気そうで良かった」

「この前の同窓会ではあんまり話せなかったからね。君と美貴が付き合ってると聞いた時はびっくりしたんだけど、どうやらその様子では心配ご無用ね」

「うふふ。分かる?」

「え~っと、話が見えないんだけど。まず、隣に座っている方は旦那さん?」

「ご挨拶遅れました。厚子の夫で名前は純一と言います。今日はよろしくお願いします」

「え? よろしくって? ん? まだ事情が」

「厚子を呼んだのは、友人として相談に乗ってもらおうと思って来てもらったの」

美貴と厚子は旧知の仲だ。生徒会長を任されていた厚子には多くの『支持者』がいた。美貴と厚子は、幼稚園の時に美貴が引っ越してきてから関係が続いている。

「厚子~。聞いてよ。私たち付き合って二か月経つんだけど、今後どうしたらいいか悩んでて。お父さんも渋ってるし。良いアドバイスがあれば教えて」

「良いアドバイス? う~ん。あなた何かある?」

「私たちも結婚してまだ五年ですからね~。美貴さんは一度失敗しているだけに慎重にならないと。もう少しお互いのことを理解しないと、兆しが見えてこないんじゃないんですか?」

「そうねえ。まだ悩んでてもいい時期じゃない?」

「そう?」

「そうだよ。君もそう思うでしょ?」

「そうだな。俺もそう思う」

俺は頷いた。

「よし。今日は美味しいご飯とステーキを食べて、おしゃれなカクテルを飲んで、楽しい会話をして過ごさない?」

「分かった。久しぶりにこうして会うんだもん。そうだよね。飲も飲も」

結局答えは出なかったが、彼女と厚子が楽しそうにしていただけで日頃の疲れが癒えた。

※本記事は、2021年10月刊行の書籍『ライオンと鐘鳴らす魔道師』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。