トラウマ

2年前の12月、お店の入り口で踊っていた身長約2mのサンタの人形を見て泣き出して以来、息子は潜在的に恐怖感を抱いてしまい、動くサンタに近づこうとしません。ですからこの時期、「サンタが来たらパパが追い返してあげる」と安心するように言います。しかし、それなのに何故かプレゼントをほしがります。

ぷりぷりしない目標

家庭教育講座の先生に「子育てでは背伸びをしない目標を作ろう」と言われ。

目標その1、おもちゃはおもちゃ箱に。家に帰ると部屋中に散らかっていることが多く、掃除担当としては我慢できません。

目標その2、お尻をぷりぷりしない。最近急に『クレヨンしんちゃん』のまねをしてお尻を出して迫ってくるようになってしまい、風当たりが強いもので…。

森羅万象

子どもに「何で雨ふると?」とたずねられて、「雨がふらないと、空に水がたまって、その水たまりに鳥さんがつっこんだら、おぼれてしまうからだよ」ととっさに答えました。この答えが気に入ったのかたびたび「何で雨ふると?」「雨がふらないと…?」と繰り返していると、これを聞いたねえさんが「あほ、うそを教えるな」と私を非難しました。やはり真実を伝えるべきなのでしょうか、悩んでいます。

※本記事は、2021年12月刊行の書籍『ほっと一息』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。