一九七〇年 夏~秋

2 秘密基地の大貧民

「僕はなんちゃしとらんけん」

洋一が消え入りそうな声で言いました。

「ちゅうことにしといたるわだ」

岡田は洋一の肩を抱いて言います。

「トランプ持ってきたけん、大貧民しょうや。ええじゃろ」

岡田が粗末な紙のトランプを出しました。

六人は車座になり、教室で流行していたゲームをはじめました。岡田が不器用な手付きでカードを配ります。最初は交換なしで行われるため、平等な戦いでした。

ここで大富豪となったのは七條で、中川が富豪、平民に洋一、貧民が私、マユミは小貧民となり、岡田が大貧民に甘んじたのでした。

「すぐにのし上がっちゃるけん」

岡田が強いカードを惜(お)しそうに差し出します。七條は戸惑いながらそれを受け取りました。階級の高い者ほど下級層の者から搾取(さくしゅ)して、有利な勝負をできる仕組みです。

それでも戦略と運次第では革命を起こすことも可能なのでした。

ゲームはすぐに白熱しました。三度目には早くも洋一が大富豪になります。岡田はいい札を取られて、なかなか大貧民から這い上がれません。岡田に遠慮する七條と中川も下級層になり、その序列が固定してしまいました。

突然、洋一が脇腹を押さえて呻(うめ)きます。カードを配る岡田の肘が当たったようでした。

「やっとれんわだ」

万年大貧民の岡田がカードを投げだしました。

「なんじゃらおかしないか」

血走った眼で私たちを睨みつけます。

「おまいや。イカサマしょうるじゃろ」

「ワイもそうじゃと思うとった。さっきこいつの手付きがおかしかったもん」

中川がマユミを指差しました。私たち三人はこのゲームの達人でした。ルールを逸脱(いつだつ)することはありませんが、密かに手を結んで、お互いを浮揚させる術策(じゅつさく)に精通していました。

「おどれや、グルんなって騙(だま)しくさったな」

七條もいきり立ちます。

「ほんなことせえへんわよ。どこに証拠があるん」

昂然(こうぜん)とマユミは否定しました。

白いブラウスの脇に染みができています。動くと汗がにおいました。

「ほなサイバンしちゃる。おまいやほこい座れ」

三人は岡田の前へ正座させられました。学校ではクラスでの揉(も)め事(ごと)を、いつも多数決で処理していました。『ミンセイ』に縁(ゆかり)のある校長先生から、『ミンシュシュギ』を尊重するよう指導されていたからです。

それで決め事をするときの学級会は『サイバン』と呼ばれていました。

「正直に白状するんぞ。ほしたらムザイホウメンじゃ」

裁判官席の岡田が言います。

「悪いことはなんちゃしとれへんよ。なあ」

マユミは私を見ました。

「うん、しとれへんよ」

私はうわずった声で言いました。

「ほな、ユウザイと思う方は手を上げてください」

三対三となる所ですが、岡田が洋一の邪魔をします。

「三対二、キケン一でユウザイ」

そう言うが早いか、岡田は拳骨で洋一の顔面を殴りました。鼻血が飛び散り、洋一は悲鳴を上げます。

「やめて。しぇんしぇに言うじょ」マユミが割って入りました。

「のかんかい。ボケ」

七條がマユミを引き倒します。スカートがめくれてパンツが見えました。

「どずるこいやっちゃ。ワイはおまいみたいなんが、いっちゃん好かんのんじゃわ。馬鹿にしくさって」

岡田は無抵抗の洋一の頬を二度三度と張ります。洋一の口角から血がしぶきました。鼻血と相まって顔は血まみれになっています。

「やめて。やめたって」

マユミは身を挺(てい)して兄を庇(かば)おうとしました。

「ほな、おまいが身代わりになるか」

岡田がマユミを突き飛ばします。

「これ以上わがの兄やんをしばかれとうなかったら、ワイやの言うことをきけ。簡単なこっちゃ」

岡田は尻餅をついたマユミのスカートの中を見ています。

「なんならおまいもやっちゃろか」

矛先が私へ向き、七條に頭を小突(こづ)かれました。

「やめとけ。ほいつは関係ない」

岡田に制されると、中川が忌(い)ま忌(い)ましげに痰たんを吐き、それは私のズボンを汚しました。

※本記事は、2020年4月刊行の書籍『金の顔』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。