いつまでも優しい笑みと若き日の 可憐さを持つ我が友を好く

 

梅雨の雨毎日降るよ降ってるよ 降るよ毎日毎日降るよ

 

直ぐ逢える別れていても泣きべそが 間もなくなので涙に暮れる

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。