この国に吾は生れて育ちけり立木乏しきひろらなる国

 

松山の松のみどりの長く伸び高麗雉子は鳴くべくなりぬ

 

夕づける日の衰へに遠山の裾べり寒く川光るかも

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。