レシーバーはづして憩へば春雪の雨に変れる音静かなり

 

日勤の人等帰へるを羨まず心ひきしめ徹宵作業をす

 

交換台に延びくる窓の夕明り気付かぬ如し働らく女は

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。